めまいが齎す影響|種類によって治療法が異なる

夫婦
このエントリーをはてなブックマークに追加

難聴に注意

医者

通勤や通学の際にヘッドフォンをして音楽を聴くのが習慣になっている方はヘッドフォン難聴に注意しましょう。音楽イベントなどで長時間にわたって大きな音を聞いた後では人の話し声などが聴き取れなくなることがあります。これは一定時間にわたって大音量を聞き続けたことにより聴覚神経が小さな音を把握することができなくなってしまうために起こるものです。このような現象は一時的なもので時間とともに少しづつ回復しますが、何度も繰り返すたびに次第に聴力が衰え難聴となってしまう危険があります。このような大音量によって起こる難聴は医学的には騒音性難聴と呼ばれます。ヘッドフォン難聴はこの騒音性難聴の一種です。このヘッドフォン難聴は若年層に多く見られることから社会的にも大きな問題となっています。

新宿の耳鼻科では聴力検査を行っています。最近になって会話が聴き取りにくくなったと感じている方やキーンという耳鳴りが聞こえるようになった方は早めに耳鼻科で検査を受けるようにしましょう。診察の結果によってヘッドフォン難聴が疑われる場合には検査機器を用いて聴き取れる音量のチェックを行うことになります。通常であれば0dbから25dbの範囲の音を聴き取れるはずですがヘッドフォン難聴の場合には26dbから40dbの音や41dbから60dbの音が聴き取れなくなります。診察によって突発性難聴などほかの原因がないことが明らかな場合はこの検査によってヘッドフォン難聴と診断することができます。新宿の耳鼻科ではこのヘッドフォン難聴の治療を行っています。耳鼻科で早期に治療を行えば症状が改善することも見込めるので、症状が固定される前に治療を開始することが大切です。新宿の耳鼻科では学校や仕事などで早期の受診が難しい方のために、比較的遅い時間まで診察を行っています。音が聴き取りにくくなってきた方や耳鳴りが聞こえるようになってきた方は、夜間でも診察を受け付けている新宿の耳鼻科で診察を受けましょう。